« みにだけなの | トップページ | 全ての鳥類を被写体に »

2006.11.17

レイトショー突撃

残業帰りに「ただ、君を愛してる」をみてきた。

『彼女はよく嘘をついた』
っていうモノローグから始まるのがクセモノ。
これが頭の中に残っていたせいで、クライマックスの盛り上がりの場面で、素直に入り込めなかった。
どういうことかというと、『嘘』なんていうダミーの伏線が予め張ってあったから、警戒のあまり、遂に告げられた衝撃の事実を、感情移入できずに華麗にスルーしてしまったのである。
そもそも、「彼女」が嘘をつくシーンなんて、大してなかった。そう勘ぐったとしても無理はないように思う。
ああ、素直な心、カムバック……。

確実に損をした感じ。
まだやってたら、もういっかい観直すのもアリかな、と思うほどにはいい話でした。
メルヘンな部分を差っ引いても、静流のキャラは上出来。

私はただ、好きな人が好きな人を好きになりたかっただけ。

こんな告白のされ方してそっちにコケない男(主人公)はどーかしてる、と思うのは僕だけですか…。
85点。

|

« みにだけなの | トップページ | 全ての鳥類を被写体に »

コメント

あおいたんだけで70点は堅いな。

投稿: keith | 2006.12.04 22:31

ちなみに、最終兵器彼女は40点。亜季点しかつけるところがない。

投稿: tachiki | 2006.12.04 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みにだけなの | トップページ | 全ての鳥類を被写体に »