« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004.08.31

ソニー製時限地雷

イッツ・ア・ソニー・タイマー。
僕のMDウォークマン、大して使ってもないのに、その動作といったらもうボロボロだ。
ちょうど買って一年たってメーカー保証効かなくなると同時に、どこかイカレてくださるソニー印のタイマーが設定されているとしか思えない。
先代のカセットウォークマンしかり、うちのPS2しかり。

今使ってるMDなんか、買ってちょうど一年たってまず、フタが閉まらなくなった。
『フタが閉まらない=MDを入れられない=全く使えない』
の等式が成り立つ。幸い、購入店の保証(買うときに何パーセントか余計に払っておいて、故障したときに店が修理代負担してくれるサービス)を付けていたので、なんとか無償修理してもらったけど。

それからすぐ、リモコン(有線だが)のボリュームコントロールがときたま狂った。
音量アップを押す⇒音量上がる
音量ダウンを押す⇒音量上がる

てめえ、俺の耳をどうにかするつもりか!

次に、早送りしたらついでに一時停止もしてくださるようになった。イッチョマエにストライキですよ、ええ。
で極め付けに、充電してやったばっかりのクセに、バッテリ切れで落ちるようになった。居留守? 仮病? そんなに自ら望んでスクラップ送りにされたいのだろうか。

ソニー製タイマー、侮りがたし。何段階にも重ねがけの罠を仕込んでやがった…。
そのうちモーターが火噴いたり、突然ぎゅんぎゅん暴れ出して歩道歩いてる主婦の後頭部直撃、とかせんだろうな…。

とにかく、もうソニーの家電は買いません。チクショー。
プレステ3出すときは任天堂から出しやがれ。

| | コメント (3)

2004.08.24

此頃私的流行物

僕にとっての「理想」とは、ズバリ"二条河原落書"である。
日本語というものの理想、極限、最終形、そういったものを形に表すとしたらきっとああいう代物なんじゃないかと勝手に思っている。「最終形」が600年以上前に出来上がっているというのもおかしなものだが。
リズムと風刺が絶妙。日本語はやっぱリズムよ。うん。

夜討ち強盗謀綸旨 召人早馬嘘騒動
鴨猫ペンギンイコカモノハシ
ああもうおまえら最高。

つーわけで、今会社のPCのスクリーンセイバーは、"愚かなるにや劣るらん"までが伝言板よろしく流れます。
高校んときのあの分厚い歴史資料集を今探してるんだけど…、さすがにあれは捨てたかなぁ。捨てたよなぁ…。

| | コメント (2)

2004.08.14

景品デイズ

お盆真っ只中、ボスの居ぬ間にのんびりお仕事~。
というわけで、今日は第25回太田夏祭り。
久々の定時ダッシュを敢行し、太田グラウンドに赴きました。
1人で。
(今となっては太田に親しい友人とか皆無だよ…)

祭りといっても、田代とか川崎に連アタするわけではなく、イカ焼きタコ焼きヨーヨーの屋台が出て、太鼓たたいて、花火が上がってビンゴ大会という、その程度のもの。
今年は特に気合が入ってて、花火は花火師を呼んできて、たーまやーであります。正直期待してなかったんだけど、なかなかのものでした。程よく風もあって煙はコンスタントに脇に追いやられ、極彩色の火華が主にジジババガキの歓声を誘っていました。

あとは正月以来だった従姉妹とそのセガレに会いました。頭なでてほっぺたをつついておきました。
おおー、若いコはやっぱええのう…(甥:1歳半)。

で、フィニッシュのビンゴ大会。
このビンゴ大会、流れはこんな感じ。

①1枚300円でビンゴカードを購入する。
②おっちゃんが次々に数字を読み上げていく。
③ビンゴったらそれを見せて、抽選箱からクジを引く。空クジはなし。
④クジの番号に応じて景品ゲット。景品にありつける確率は多分75%くらい。

んー、ビンゴった順番にいい商品がもらえるわけじゃないのね?
それってどーなのよ。
たとえば、1枚きりのビンゴカードを手に汗かきかき握り締め、おーよーっしゃー5連続的中で速攻ビンゴー炸裂っ!! で言われるままクジ引いたら、 "173" 、ものすごい寂寥感漂うナンバーを叩き出し、差し出された商品は『UFO 3個』とかだったらなんだか泣けてこないか?
「それは私のおいなりさんだ」
な気分にならないか?(どーゆー意味だ)

まあそれはいいや。
で、父も母も祭りの運営に関わってるくせに、ちゃっかり2枚ずつお買い求めしてやがった。ビンゴカードは暇な俺の手に。ちなみに俺も既に2枚ゲット済なわけで。

「では最初の数字は、”13”番!」

えーっと、じゅうさんじゅうさん……。
じゅうさん、あー、あったあった。次は、と……。

ひとりで6枚のビンゴカードをマネジメントするって、可能なのか、俺!?

とまあ、淡々とまったりと進行していくビンゴ大会。
ウリの景品はDVDレコーダーにCDラジカセ、ポータブル冷蔵庫、といった家電系。
さて戦果のほどは…。

1.jpg
トイレットペーパー12個詰。
 
 
 
 
2.jpg
同、もう一個。
もう尻拭き放題。
 
 
 
 
3.jpg
靴下5足組(ガックシ)
 
 
 
 
4.jpg
アウトドアに便利、アルミテーブル。これはなかなか重宝。


 
 
 
 
 
5.jpg
一輪車。
 
 
 
先生、最後のはなんですか。アタリですかハズレですかネタですかおんどぅるるらぎったんでぃすか。
司会のおっちゃん、『おめでとーございまーす!』って、まあUFOよりはアタリかもしれんけど、「ヒャッホーっ! パパ一輪車当てちゃったぞーっ」っていう結果になる可能性ってどんくらいあるんですか。


しかし、甥っこったら、一輪車の上に乗っかってトイレットペーパーと背比べとかしてご機嫌だったので、いいものもらったと解釈しておこう。ありがとう、太田祭り。ありがとう、公民館。

| | コメント (1)

2004.08.08

今川歓迎オフ

今川氏との初顔合わせイン大阪。
迂闊にも関西勢のなわばりにたったひとりでやってくるとは…。
『トチ狂ってお友達にでもなりに来…(略』
あいや、この方、年上でした…。ちゃんと丁重にお迎えいたしますよ、ええ。

集合した後は、てくてく日本橋散策(キースの台湾リコー探しの旅)、夕飯はHEP、そしてニャムコでゲーセンハッスル祭りという進行となりました。
いやあ、このゲーセンが熱かったな。
ゲーセンで使った金は俺史上最高額を記録してしまった。今川氏に、
『社会人パワーや…』
と言われちまったい。

しかし、戦利品の規模も史上最高。

toro.jpg
たれぱんだ、トロ、キティ様、及びぱんだ用の餌。

【-戦果-】
たれぱんだ+菓子類 : ¥2500
トロ : ¥800
キティ様 : ¥200

↑だけ見てると勝ち越しっぽいけど、いくらか投資した挙句に途中で断念した獲物とかもあるので、トータルではやりすぎたかなぁという印象。
男4人が計6つのナムコの景品袋をぶらさげて闊歩してましたとさ。ゲーセンの中にいるときはいいけど、外を歩いたらちょっと危ないかもなあ。

というわけで、明日は新参者三人(匹)の入居式が執り行われます。

| | コメント (0)

2004.08.05

立木家の食卓 食後編

デザート編である。

立木家のオトコドモ(僕と父)が同時に気まぐれを起こしたり、レッツ散財な気分になったり、自らの行いに懺悔したりすると、こういう悲劇が起こる。
DSC00569.jpg

奥: 立木購入 シェコパンのフルーツタルト
手前:父購入  ヒロタのクレープイチゴショート


ご承知の通り、ケーキは生菓子、必ず賞味する際の注意書きが入っているものだ。
曰く、『本日中にお召し上がりください』

えーっと、食べ放題のバイキング行ってもこんなに食うかよ!
父の場合、買ってきた割に自分ではあんまり食べない(そもそも自分で食べる目的ならいつも同じ店・同じモノを買ったりしないな)し、母はそれ以上に食べないので、必然的に7割方は僕が消費することになるのですが。
いくら思春期真っ只中の僕でも、これ完食は無理です。

やむにやまれず、残ったら次の日の朝以降に持ち越しキャリーオーバーされるわけです。
宿題みたいなケーキ、あんまり幸せっぽくないですね…。

| | コメント (2)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »