« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004.06.28

川相万歳

24日の中日-巨人、帰ってから中継を見てたんだけど…、川相、ええわぁ。シブイわぁ…。オトコやわぁ…。
野球職人って感じ。もっと出番が増えればいいのに…。井端刺しとく?

| | コメント (0)

2004.06.21

川代渓谷最速

帰りにガソリン入れてきた。
リットル113円くらいした。118円だっけ…? 高いよ、田舎のガススタンドっ。
「レギュラー20リッター、あ、やっぱ15でいいや…」
とか、いくらドノーマルのファミリーデミオだからって、かっこ悪すぎだよ!

でな、そこのバイト君が、放水ホースみたいな給油ノズルを車の脇に突っ込んだ後、聞いて来るわけですよ。
「タンクの水抜き、前の入れてから半年経つので、そろそろまた入れる時期なんですけど」
とな。
もう三度目だし、ああ入れといて、と俺は適当に返事しといたんだけどさ。

おい、そこの車キチ2人衆。一応断っとくけど、わざわざ好き好んでミッション車チョイスして、
「よーしパパ2速発進しちゃうぞーっ」
って週1回は言ってるそこのキー○と○っぴぃな、ちょっと教えろ。

ガソリンタンクの水抜きって、ホンマに必要なん?

俺も一年前はさ、「水抜き? ナニソレ? 瓶ビールとか瓶ファンタとか開けれる?」とか言って怪訝な口調でバイトのガキャに問いただしたものよ。そしたら、そのガキャ、こんな感じで深刻そうに言いやがるの。

「入れないとタンクが錆びて穴あいたりしますよ」

俺、脅迫されちゃいました…。


つーわけで、半年に一度、正体・効力ともに不明の謎の"水抜き剤”のために1300円ずつ出費してたりするのでした。
実際のところ、どーなのよ、ねえ。

| | コメント (2)

2004.06.09

B'z vs TSUTAYA

ポストB'zなんて書いてたレンタル屋とはまた別のレンタルショップのお話。
某有名CCCの運営するツタヤな。
ここも、たまにCD陳列棚にアーチストの紹介とかを書いて貼ってあるわけですが。

売れ筋アーチストとというものば、レンタルショップにとっては大事な収入の源となるハズの、いわば崇める対象というべきものである。

しかし、最大手チェーン「ツタヤ」はこともあろうに、あのビッグスターB’z様を敵に回したのだ!
泣く子も黙る、いや…、泣く子がもっと泣く鬼のような進化を続けるB’zに、売り上げ度外視の宣戦布告をたたき付けたのである!

以下、入手した証拠画像を公開しよう…。

*
*
PIC_0045.JPG
『ツボを押さえたロックサウンド。日本最強ではないだろう!
*
*

あんたら、散々彼らに食わせてもらってきといて、それはないだろう!

うーん…、じゃあツタヤは何を日本最強に推すんだ? ラルク? グレイ? あー、なんてこったい、ノーフューチャー。
まあ、何を持ち出してきても笑ってやるけどな。

というわけで、ドサクサにまぎれてかなり図太く恩を仇で返しちゃうツタヤ柏原店なのでありましたとさ。

| | コメント (3)

2004.06.08

お前ら、みんなまとめてノーフューチャー

さて、今朝の電車の中。
三田から乗ってきた大学生風の3人。男1人女2人。うち、女2人は見た目、かなり頭弱そうな感じ。どうやら三田西陵の連中で、今は別の大学に通う、とかそういう間柄である。そいつらの会話がかなりツボにはまってしまった。
以下再現。


女A「そうそう、井上君ってさー、東大いったんやってー」
女B「えーっ。それマジやばーい」
女A「マジやばいやろー?」

オレ(待て待て、ヤバイってなんだヤバイって)

女B「それって、実力で入ったん?」
女A「うーん、多分、実力ぅ」

オレ(おいおいおいおい、実力以外で国立大にどーやって入るんだ! しかも、おい、ソコに突っ込まずに、「多分」ってなんだ! Wボケか!?)


三田人、恐るべし。
こんなんばっかりが生息しているなら、きっと三田はこの先ノーフューチャー…(合掌)。

| | コメント (2)

2004.06.07

SURFACE雑考2

ちょっと遅くなったけど、5/20はサーフィスのライブに行って来た。今度のはちゃんとしたツアーな。
去年の9月ん時も思ったけど、スーツ着て参戦してる奴って俺くらいなもんか?
そして、ココ肝心なんだが、

前より客減ったか?

確かに、前のライブから一曲も新曲出さないでライブ先にしますってのだから、認知度は下がる一方かもしれんけどさ。1DAY限りのなんばHATCHごとき満員にできないなんて…。


と、彼らの凋落についてはさておき。
ライブ自体はもう満足の一言。
それバイ、さぁ、空っぽ、コーイング、ハーフ、なまくら、とベスト的選曲でガシガシ進んで、俺、感涙。
なあなあがなかったのが残念ってくらいで、すっげぇ気持ちいいライブだった。
まあ、この日は少し寝不足って程度で、体調悪くなかったからな。
(前のライブは熱あったくせに無理して出陣した挙句、二日間熱が下がらず寝込んだというオチがついた)

SURFACEが売れなくなったのは、きっと3rdアルバム以降やっちゃった大きな路線変更のせい。
1st当時はレンタルビデオ屋のサーフィスのCDんとこに「ポストB'z」だなんて紹介されるくらい、ノリとキレのいい曲を作ってて、それでファンがついたって感じなんだが。
路線変更以降、彼ら(主に作曲してるギターの方)はノリとかキレとかを求めなくなってしまった感があって。
まあ勿論他にも要因はあるだろうけど(3rdの後の休業とかマズいプロモーションとか)、書く曲が変わったってのが一番大きいハズ。変わって、そして"見事ころんじゃって"

『自分(達)の音楽』を求める姿勢とか、現状に満足しない姿勢とか、○○に似ていると言われるのを嫌う姿勢とか、それはいい。
だけど。
いちファンとして勝手なこと言わせてもらえるのなら。

アーティストとして、ファンの望まない路線変更になんか意味あんのか?
売れなきゃ露出も減るし、CDも好きに出せない、出したCDの装丁も安っぽくなる。結果的にちゃんと売れりゃいいけど、そうでなきゃ完全にマイナススパイラルじゃないか。
僕が本気で好きになった途端フェードアウトしていく…って、いつぞやのT-BOLANと同じパターンかよ! 死神なんてあだ名…(以下略

ファンの媚びろとまでは言わないが、冒険するにしてももう少し違った冒険の仕方があるだろうに、おっとそっちじゃないよ、と考えてしまうのだ。

僕は別に今のサーフィスが嫌いじゃない。ただ、今熱心に聞き込んでるサーフィスの曲をリストアップするならば゜、大半が1st,2ndあたりの曲になってしまうのだ。

ポストB'zのどこがいけないっていうのだろう……、と胸を張って無茶を言っておきます。
んー、ちょっと投げやり気味かな…。

| | コメント (2)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »